MENU

生理中のデリケートゾーンのお手入れの方法

生理中は経血や生理用品でデリケートゾーンが常に蒸れて湿った状態です。この状態は雑菌が繁殖するためには絶好の環境で臭い、かゆみ、ニキビの原因になります。

 

生理日前後のおりものに悩まされている人も同様で、普段以上に丁寧にお手入れをして清潔に保たなければなりません。

 

生理中,デリケートゾーン,お手入れ

 

〇生理中のデリケートゾーンのお手入れ方法

 

生理中,デリケートゾーン,お手入れ同じナプキンを長時間使わない

 

仕事や子育てが忙しく、生理用品を変える時間すらないという人もいます。

 

また生理初日や終わる時期になると経血の量が減るためナプキンを変えない人もいますが、蒸れを防ぐためにも3時間程度で新しいものに変えましょう。
経血の量が多い場合は温水洗浄便座のビデ機能で軽く洗い流してから交換しましょう。

 

生理中,デリケートゾーン,お手入れ・入浴時にとにかく優しく洗う

 

デリケートゾーンの皮膚はただでさえ薄いまぶたの半分程度と言われている上、清潔にするためにゴシゴシと洗うと肌を保護する成分まで落ちてしまいよくありません。

 

できれば専用石鹸を使いしっかりと泡立ててから泡で包み込み、汚れが気になる部分は指の腹を使って優しく洗いましょう。

 

生理中,デリケートゾーン,お手入れ・アンダーヘアの多い人は整えておくのもヨシ

 

アンダーヘアの量には個人差がありますが、ボリュームの多い人はアンダーヘアが雑菌や汚れのたまり場になってしまうため、気になる人は普段から短めにカットしておくことをおすすめします。

 

もちろんツルツルにする必要はありません。自己処理に抵抗があるなら脱毛サロンで脱毛する方法も一つの手段で、自然な形で施術をしてもらえます。