MENU

アソコの臭いと年齢の関係:何歳から?また40代になるときついのか

 

アソコの臭いと年齢の関係について説明します。

 

アソコの臭いが出る人は、女性が大人になっていく過程で出てくることが多いでしょう。子供の頃つまり生理がまだ来ていない子供の段階ではおしっこなどの排せつ物の臭いがほとんどです。

 

また年齢が高くなることとアソコの臭いの相関関係についても興味深いですね。

 

何歳くらいからデリケートゾーンの臭いが気になり始める

 

〇臭いが気になり始める年齢は人それぞれ

 

データで見るとデリケートゾーンの臭いが気になり始めるのは40歳前後(体に様々な老化現象が出始める時期)という人が多いです。しかし実際にはどの世代でも臭いに悩まされている人がいて、その原因は何でしょうか?

 

アソコ,臭い,年齢

 

・10代の臭いの原因

 

10代は女性ホルモンが分泌されはじめて初潮を迎える時期です。

 

しかし分泌量は不安定なので生理が頻繁に来たり、いつまでも来なかったり、また女性ホルモンは汗や皮脂の分泌にも関係しているため臭いをはじめとしたデリケートゾーンのトラブルが起こりやすいです。

 

・20代、30代の臭いの原因
アソコ,臭い,年齢

 

20代になると女性ホルモンの分泌は安定し、30代にはその量はピークを迎えるため生理のリズムも安定します。

 

就職、結婚など人生のうちで一番忙しくなるこの時期は食生活の乱れやストレス、運動不足から腸内環境が悪くなり、悪玉菌の影響でお腹からガスが発生し、デリケートゾーンが臭う人もいます。

 

また妊娠出産でホルモンバランスの乱れるとデリケートゾーンの常在菌の量が増えるため臭いの原因になりやすいです。

 

・40代の臭いの原因
アソコ,臭い,年齢
活発に分泌されていた女性ホルモンも30代後半からその量が減り始め、ちょうどこの頃から体に加齢の影響を感じ始める人が多いです。

 

デリケートゾーンの場合は膣を清潔に保つ自浄作用の機能が低下するため、細菌に感染しやすく臭いの原因になります。

 

・まとめ
このようにデリケートゾーンの臭いの原因は年代によって様々ですが、常にデリケートゾーンを清潔に保てばその影響を最小限に抑えることができます。ぜひ正しい洗い方を身につけて適切なケアをしていきましょう。

 

40代を超えるとデリケートゾーンの臭いがきつくなるってほんと?

デリケートゾーンの臭いの原因はいくつもありますが、特に病気にかかっているわけでもないのに30代後半から40代になって気になり始める人が一番多いです。

 

その原因はずばり“加齢”、具体的にどのようなことが考えられるのでしょうか?

 

〇女性ホルモンの分泌量が低下するため

 

20代から30代は活発に分泌されていた女性ホルモンも30代後半からその量が減り始め、閉経するとその量ほぼゼロになります。

 

女性ホルモンには臭いを抑える役割があり、分泌量が減ると皮脂を材料にして作られる加齢臭の原因物質“ノネナール”の臭いを感じやすくなるのです。

 

特にデリケートゾーンには皮脂腺が多く存在するため臭いが発生しやすい部位です。

 

〇自浄機能が低下するため

 

女性の膣には“自浄作用”(特に洗わなくても病気の原因になる雑菌を退治してくれる機能)がありますが、40代からこの機能が少しずつ衰えるため、雑菌の影響を受けて炎症を起こし臭いを発生する可能性があります。

 

〇筋肉量が低下するため

 

40歳を過ぎると全身の筋肉量が減少し始めます。尿道周りの筋肉が減少すると尿漏れを起こしやすく、デリケートゾーンの雑菌と混ざって臭いを発生しやすいです。

 

必要に応じて尿漏れ対策用品を使って清潔に保たなければなりません。

 

〇まとめ

 

このように加齢でデリケートゾーンの臭いが気になる可能性は十分にあります。

 

「トシだからしょうがない」と対策をしない人もいますが、放置しておけば病気の原因になるため早めに病院に相談することをおすすめします。